目次へ  縦書き

保線工夫

クレオソートも塗り
飾りも済んだ電柱を
六本積んでトロを控へて待ってると
十時五分の貨物列車が
日向をごろごろ通って行き
一つの函の戸口から
むやみに黒いぶちのある
仔牛が顔を出したので
まっさきに立つ詮太がわらひ
かしらもわらひみんなもわらひ
小倉の服で四っ角ばって
ポイントに立つメゴーグスカも
口に手あてゝくすくす云ふ
それからけむりの消えないうちに
丁場のはしまでとばして行った
ぎらきらする雲の下で
こどもらがあちこち
罐にいなごをとってゐた