目次へ  縦書き

〔まぶしくやつれて〕

まぶしくやつれて、
病気がそのまゝ罪だとされる
風のなかへ出てきて
罪を待つといふふうに
みんなの前にしょんぼり立つ
みんなはなにかちぐはぐに
崖の杉だの雲だのを見る
家のまはりにめちゃくちゃに植えられた稲は
いま弱々と徒長して
どんどん風に吹かれてゐる
苗代にも波が立てば
雲もちゞれてぎらぎら飛ぶ
 
陽のなかで風が吹いて吹いて
ひとはさびしく立ちつくす
畔のすかんぽもゆれれば
家ぐねの杉もひゅうひゅう鳴る