目次へ  縦書き

事件

Sakkyaの雪が 澱んでひかり
野はらでは松がねむくて
鳥も飛ばない昼すぎのこと
いきなり丘の枯草を
南の風が渡って行った
すると窪地に澱んでゐた
つめたい空気の界面に
たくさん渦が柱に立って
さながらミネルヴァ神殿の
廃址のやうになったので
窪みのへりでゲートルもはき
頬かむりもした幸蔵が
萱のつぼけをとる手をやめて
おかしな顔でぼんやり立った