目次へ  縦書き

〔降る雨はふるし〕

降る雨はふるし
倒れる稲はたほれる
たとへ百分の一しかない蓋然が
いま眼の前にあらはれて
どういふ結果にならうとも
おれはどこへも遁げられない
  ……春にはのぞみの列とも見え
    恋愛そのものとさへ考へられた
    鼠いろしたその雲の群……
もうレーキなどほうり出して
かういふ開花期に
続けて降った百ミリの雨が
どの設計をどう倒すか
眼を大きくして見てあるけ
たくさんのこわばった顔や
非難するはげしい眼に
保険をとっても辨償すると答へてあるけ