目次へ  縦書き

密醸

汽車のひゞきがきれぎれ飛んで
酸っぱくうらさむいこの夕がた
楢の林の前に
ひどく猫背のおぱあさんが
熊手にすがって立ってゐる
右手をかざして空をみる
それから何かを恐れるやうに
ごく慎重にあたりを見て
こっそり林へはいって行く
あともうかさとも音はせず
汽車のひゞきが遠くで湧いて
灰いろの雲がばしゃばしゃとぷ