目次へ  縦書き

〔そもそも拙者ほんものの清教徒ならば〕

そもそも拙者ほんものの清教徒ならば
或ひは一〇〇%のさむらひならば
これこそ天の恵みと考へ
町あたりから借金なんぞ一文もせず
八月までは
だまってこれだけ食べる筈
けだし八月の末までは
何の収入もないときめた
この荒れ畑の切り返しから
今日突然に湧き出した
三十キロでも利かないやうな
つすい黄いろのこの菊芋
あしたもきっとこれだけとれ、
更に三四の日を保する
このエルサレムアーティチョーク
イヌリンを含み果糖を含み
小亜細亜では生でたベ
ラテン種族は煮てたべる
古風な果蔬トピナムボー
さはさりなからこゝらでは
一人も交易の相手がなく
結局やっぱりはじめのやうに
拙者ひとりでたべるわけ
但しこれだけひといろでは
八月までに必らず病む
参って死んでしまっても
動機説では成功といふ
ところが拙者のこのごろは
精神主義ではないのであって
動機や何かの清純よりは
行程をこそ重しとする
つまりは米もほしいとあって
売れる限りは本も売り
ぽろぽろ借金などもして
曖昧な暮しやうをするといふのは
いくら理屈をくっつけても
すでにはなはだ邪道である
とにかく汗でがたがた寒い
ごみを集めて火を焚かう
槻の向ふに日が落ちて
乾いた風が西から吹く