目次へ  縦書き

〔西も東も〕

西も東も
山の脚まで雲が澱んで
野はらへ暗い蓋をした
  ……レーキは削るぢしばり、ぢしばり、ぢしばり
    川は億千の針をながす……
川上にやっと一きれ白い天末
そのこっちでは
広告に大きくこさえた
煉瓦会社の煙突が 幾日かぶりで
黒い煙を吐いてゐる
  ……ぢしばりもいま、
    やっぱり冬にはいらうとして
    緑や苹果青〔あを〕や紅、紫、
    あらゆる色彩を仕度する
    それをがりがり削いてとる……
もずが一むれ遡ってくる
矢羽をそらでたゝいてゐて
足ぶみをするやうなのは
岸の小松か何かの中へ
おりたいとでもいふのだらう
    (たゞ済まないと思ふばかり
     どうしてもう恨むことなどございませう)
煉瓦会社の煙突から
黒いけむりがのぼって行って
しづかに雨の雲にまぶれる