目次へ  縦書き

〔白菜はもう〕

白菜はもう
三分の一やられたよ、
  ……悪どい雲だ……
鍬もながした
  ……大豆の葉が
    水の中で銀いろにひかってゐる……
おいおい封介
どなって石をなげつけたって
  ……この温い黄いろな水だ……
来るところまでは来るよ
  ……いくら封介が黒く肩を張ってどなったところで
    水の方は、
    雲から風からひとから地物から、
    すっかり連鎖になって、
    きまってしまった巨きなもんだし
    封介の方は、
    やっといまびっくりして、
    むらきにどなりだしただけだ
    続けて五分もおこれない
    かたつむりの痕のやうにひかりながら
    うしろからも水がひたしてくるのだ……