目次へ  縦書き

駒ヶ岳

弱々しく白いそらにのびあがり
この無遠慮な火山礫の盛りあがり
黒く削られたのは熔けたものの古いもの
 (喬木帯灌木帯、苔蘚帯といふやうなことは
  まるっきり偶然のことなんだ。三千六百五十尺)
いまその赭い岩巓に
一抹の傘雲がかかる。
  (In the good summer time, In the good summer time;)
(ごらんなさい。
 その赭いやつの裾野は
 うつくしい木立になって傾斜スロープもやさしく
 黄いろな林道も通ってゐます。)
「全体その海の色はどうしたんでせう。
青くもないしあんまり変な色のやうです。」
「えゝ、それは雲の関係です。」
何が雲の関係だ。気圧がこんなに高いのに。