目次へ  縦書き

厨川停車場

(一九二二、六、二、)

(もうすっかり夕方ですね。)
けむりはビール瓶のかけらなのに、
そらは苹果酒サイダーでいっぱいだ。
(ぢゃ、さよなら。)
砂利は北上山地製、
(あ、僕、車の中へマント忘れた。
 すっかりはなしこんでゐて)
 
(あれは有名な社会主義者だよ。
 何回か東京で引っぱられた。)
髪はきれいに分け、
まだはたち前なのに、
三十にも見えるあの老けやうとネクタイの鼠縞。
 
(えゝと、済みませんがね、
 ぼろぼろの朱子のマント、
 あの汽車へ忘れたんですが。)
(何ばん目の車です。)………
 (二等の前の車だけぁな。)
 
Larix, Larix, Larix,
青い短い針を噴き、
夕陽はいまは空いっぱいのビール、
かくこうは あっちでもこっちでも、
ぼろぼろになり 紐になって啼いてゐる。