目次へ  縦書き

台地

一九二八、四、一二、

日が白かったあひだ、
赤渋を載せたり草の生えたりした、
一枚一枚の田をわたり
まがりくねった畔から水路、
沖積の低みをめぐりあるいて、
声もかれ眼もぼうとして
いまこの台地にのぼってくれば
紺青の山脈は遠く
松の梢は夕陽にゆらぐ
あゝ排水や鉄のゲル
地形日照酸性度
立地因子は青ざめて
つかれのなかに乱れて消え
しづかにわたくしのうしろを来る
今日の二人の先達は
この国の古い神々の
その二はしらのすがたをつくる
今日は日のなかでしばし高雅の神であり
あしたは青い山羊となり
あるとき歪んだ修羅となる
しかもいま
松は風に鳴り、
その針は陽にそよぐとき
その十字路のわかれの場所で
衷心この人を礼拝する
何がそのことをさまたげやうか