目次へ  縦書き

七四二

圃道

一九二六、一〇、一〇、

 

水霜が
みちの草穂にいっぱいで
車輪もきれいに洗はれた
 
ざんざんざんざん木も藪も鳴ってゐるのは
その重いつめたい雫が
いま落ちてゐる最中なのだ
 
霧が巨きなこゞりになって
太陽面を流れてゐる
さっき川から炎のやうにあがってゐた
あのすさまじい湯気のあとだ
 
気管がひどくぜいぜい云ふ
かういふぜいぜい鳴る胸へ
焼酎をすこし呑みたいと思ひ
ふかした芋をたべたいと思ひ
町に心を残しながら
野菜を売った年老りたちが
みなこの坂を帰ったのだ