目次へ  縦書き

七四二

圃道

一九二六、一〇、一〇、

 

水霜が
みちの草穂にいっぱいで
車輪もきれいに洗はれた

ざんざんざんざん木も藪も鳴ってゐるのは
その重いつめたい雫が
いま落ちてゐる最中なのだ

霧が巨きなこゞりになって
太陽面を流れてゐる
さっき川から炎のやうにあがってゐた
あのすさまじい湯気のあとだ

気管がひどくぜいぜい云ふ
かういふぜいぜい鳴る胸へ
焼酎をすこし呑みたいと思ひ
ふかした芋をたべたいと思ひ
町に心を残しながら
野菜を売った年老りたちが
みなこの坂を帰ったのだ

(本文=定稿推敲後)



(定稿推敲前)

七四二

圃道

一九二六、一〇、一〇、

 

水霜が
みちの草穂にいっぱいで
車輪もきれいに洗はれた

さっき川から焔のやうにあがってゐた
湯気が巨きなこゞりになって
太陽面を流れてゐる

ざんざんざんざん木も藪も鳴ってゐるのは
その重いつめたい雫が
いま落ちてゐる最中なのだ

気管がひどくぜいぜい云ふ
かういふぜいぜい鳴る胸へ
焼酎をすこし呑みたいと思ひ
ふかした芋をたべたいと思ひ
町に心を残しながら
野菜を売った年老りたちが
みなこの坂を帰ったのだ



(下書稿)

七四二

圃道

一九二六、一〇、一〇、

 

レアカーといっしょに
いちもくさんに坂をおりれば
じつに透明な水霜が
みちの草穂にいっぱいで
向ふではまっ白に息をはく馬

さっき川から火のやうにあがってゐた
湯気がいま巨きな塊になって
日の下側を過ぎて行く

ざんざんざんざん木も藪も鳴ってゐるのは
その重いつめたい雫が
いまいっぺんに落ちるのだ

雉子が二声啼いてゐる
たしかにわたくしの家のなかだ
うちのなかをあるきながら
その雉子が啼いてゐるのだらうか

戻りにはまたこの坂を
青い白菜の弾丸を積んで 電光形にのぼるわけ
雉子が二声もいちど鳴く