目次へ  縦書き

七三九

〔霧がひどくて手が凍えるな〕

一九二六、九、一三、

霧がひどくて手が凍えるな
 ……馬もしきりにももをぶるっとさせてゐる……
縄をなげてくれ縄を
 ……すすきの穂も水霜でぐっしょり……
雉子が啼いているぞ 雉子が
おまへの家のなかではないか
 ……誰も居なくなった家のなかを
   大股にあるきながら
   雉子があゝ鳴いてゐるのだらうか……

(本文=下書稿2推敲後)



(下書稿2推敲前)

七三九

一九二六、九、一三、

霧がひどくて手が凍えるな
 ……馬もぶるっとももをさせる……
縄をなげてくれ縄を
 ……すすきの穂も水霜でぐっしょり
   あゝはやく日が照るといゝ……
雉子が啼いているぞ 雉子が
おまへの家のなからしい
 ……誰も居なくなった家のなかを
   餌を漁って大股にあるきながら
   雉子が叫んでゐるのだらうか……



(下書稿1推敲後)

七三九

一九二六、九、一三、

霧がひどくて手が凍えるな、
がつがつトマトを食ふのをやめろ

馬がびくっと
ももうしろへ引きつけるのは
木のゆれるのとおんなじさ

縄をなげてくれ縄を

雲がどんどん砕ける時分
赤いすすきをいっぱい刈って
みんなでならんで帰って来やう



(下書稿1推敲前)

七三九

一九二六、九、一三、

霧が深くて手が凍えるな、

馬がびくっと
ももうしろへ引きつけるのは
木のゆれるのとおんなじさ

縄をなげてくれ縄を

雲がどんどん刻ける時分
みんなで萱をいっぱい刈って
祭みたいに帰って来やう