目次へ  縦書き

七三八

はるかな作業

一九二六、九、一〇、

すゝきの花や暗い林の向ふのはうで
なにかちがった風の品種が鳴ってゐる
ぎらぎら縮れた雲と青陽の格子のなかで
風があやしい匂ひをもってふるえてゐる
そらをうつして空虚うつろな川と
黒いけむりをわづかにあげる
瓦工場のうしろの台に
冴え冴えとしてまたひゞき
ここの畑できいてゐれば
楽しく明るそうなその仕事だけれども
晩にはそこから忠一が
つかれて憤って帰ってくる

(本文=下書稿推敲後)



(本文=下書稿推敲前)

七三八

風と合唱

一九二六、九、一〇、

すゝきの花や暗い林の向ふのはうで
なにかちがった風の品種が鳴ってゐる
ぎらぎら縮れた雲と青陽の格子のなかで
なにか楽しい風の変種がふるえてゐる
そらをうつして空虚うつろな川や
黒いけむりをわづかにあげる
煉瓦工場の向ふのはうで
冴え冴えとしてまたひゞくのは
組合倉庫の地堅めに
みんなでつくる合唱コーラス
熟した雲やくわりんの匂
無色な風の一聨が
そこで特殊な振動を
こっちの方へとびながら
ちがった風や地物のために、
幾きれにも幾きれにもちぎられ
塊になったり紐になったりして
つぎつぎ遷る(三字不明)縦波を載せたまゝ
交々こゝを通って行けば
その一かけのなかからは
冗談をいふバリトンと
栗鼠のやうな女のわらひ
すゝきの花や青い林の向ふから
歌はつぎつぎ流れてくる