目次へ  縦書き

七三八

はるかな作業

一九二六、九、一〇、

すゝきの花や暗い林の向ふのはうで
なにかちがった風の品種が鳴ってゐる
ぎらぎら縮れた雲と青陽の格子のなかで
風があやしい匂ひをもってふるえてゐる
そらをうつして空虚うつろな川と
黒いけむりをわづかにあげる
瓦工場のうしろの台に
冴え冴えとしてまたひゞき
ここの畑できいてゐれば
楽しく明るそうなその仕事だけれども
晩にはそこから忠一が
つかれて憤って帰ってくる