目次へ  縦書き

七三五

饗宴

一九二六、九、三、

酸っぱい胡瓜をぼくぼく噛んで
みんなは酒を飲んでゐる
 ……土橋は曇りの午前にできて
   いまうら青い榾のけむりは
   稲いちめんに這ひかゝり
   そのせきぶちの杉や楢には
   雨がどしゃどしゃ注いでゐる……
みんなは地主や賦役に出ない人たちから
集めた酒を飲んでゐる
 ……われにもあらず
   ぼんやり稲の種類を云ふ
   こゝは天山北路であるか……
さっき十ぺん
あの赤砂利をかつがせられた
顔のむくんだ弱さうな子が
みんなのうしろの板の間で
座って素麺むぎをたべてゐる
  (紫雲英ハナコ植れば米とれるてが
   藁ばりとったて間に合ぁなじゃ)
こどもはむぎを食ふのをやめて
ちらっとこっちをぬすみみる

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

七三五

饗宴

一九二六、九、三、

みんなは酒を飲んでゐる
 ……土橋は曇りの午前にできて
   いまうら青い榾のけむりと雨の脚……
みんなは地主や賦役に出ない人たちから
集めた酒を飲んでゐる
おれはぼんやり
稲の種類を云ってゐる
一人の子どもの百姓が
みんなのうしろの板の間で
座って素麺むぎをたべてゐる
からだ以上の仕事のために
顔も蒼ざめむくんでゐる
いまわたくしをぬすみみる
瞳よ闇夜の二つの星のやうに燃えて帰るのは
わたくしが酒を呑まないのに安心したのか
それとも村がまもなく明るくなるといふのか
あゝわたくしもきみとひとしく
はげしい疲れや屈辱のなかで
なにかあてなく向ふを望むだけなのに