目次へ  縦書き

七三四

〔青いけむりで唐黍を焼き〕

一九二六、八、二七、

青いけむりで唐黍を焼き
ボンデローザも皿に盛って
若杉のほずゑのchrysocollaを見れば
たのしく豊かな朝餐な筈であるのに
こんなにも落ち着かないのは
今日も川ばたの荒れた畑の切り返しが
胸いっぱいにあるためらしい
  ……エナメルの雲鳥の声……
強いてもひとつ
ふさふさ紅いたうもろこしの毛をもぎり
その水いろの莢をむけば
熱く苦しいその仕事が
百年前の幽かなことのやうでもある