目次へ  縦書き

七三〇

〔おしまひは〕

一九二六、八、八、

「おしまひは
シャーマン山の第七峰の別当が
錦と水晶の袈裟を着て
じぶんで出てきて諫めたさうだ」

青い光霞の漂ひと翻る川の帯
その骨ぼったツングース型の赭い横顔