目次へ  縦書き

七三〇ノ二

増水

一九二七、八、一五、

悪どく光る雲の下に
幅では二倍量では恐らく十倍になった北上は
黄いろな波をたててゐる
鉄舟はみな廠舎へ引かれ
モーターボートはトントン鳴らす
下流から水があくって来て
古川あとの田はもうみんな沼になり
豆のはたけもかくれてしまひ
桑のはたけももう半分はやられてゐる
かたつむりの痕のやうにひかりながら
島になって残った松の下の草地と
白菜ばたけをかこんでゐる
いつの間にどうし行ったのか
その温い恐ろしい磯に
黒くうかんで誰か四五人立ってゐる
一人は網をもってゐる
はゞきをはいて封介もゐる
水はすでに
この秋のわが糧を奪ひたるか
屋根にのぼって展望する
厩肥の束はみなことごとく高みに運び
鍬と笊とは先刻腰まで水にひたって
辛くも奪ひかへして来た