目次へ  縦書き

七二七

〔アカシヤの木の洋燈ラムプから〕

一九二六、七、一四、

アカシヤの木の洋燈ラムプから
風と睡さに
朝露も月見草の花も萎れるころ
鬼げし風のきもの着て
稲沼ライスマーシュのくろにあそぶ子

(本文=下書稿2推敲後)



(下書稿2推敲前)

七二七

一九二六、七、一四、

アカシヤの木の洋燈ラムプから
風と睡さに
朝露も月見草の花も萎れ
いましづかに湯気をあげる
 ……あゝ いくたびか青く暗み
   またひるがへる諧謔の傷痕きづ……
鬼げし風のきもの着て
稲沼ライスマーシュのくろにあそぶ子