目次へ  縦書き

七一八

蛇踊

一九二六、六、二〇、

この萌えだした柳の枝で
すこし頭を叩いてやらう
叩かれてぞろぞろまはる
はなはだ艶で無器用だ
がらがら蛇でもない癖に
しっぽをざらざら鳴らすのは
それ響尾蛇に非るも
蛇はその尾を鳴らすめり
青い
青い
蛇も青くて立派だし
りっぱな節奏リズムもある
さう そのポーズ
いまの主題は
「白びかりある攻勢」とでもいふのだらう
しまひにうすい桃いろの
口を大きく開くのが
役者のこわさ半分に
所謂見栄を切るのにあたる
もすこしぴちゃぴちゃ叩いてやらう
今日は厩肥をいぢるので
蛇にも手などを出すわけだ
けれども蛇よ
どうも、おまへにからかっていると
酸っぱいトマトをたべているやうだ
おまへの方で遁げるのか
それではひとつわたしも遁げる