目次へ  縦書き

七一五

〔道べの粗朶に〕

一九二六、六、二〇、

道べの粗朶に
何かなし立ちよってさわり
け白い風にふり向けば
あちこち暗い家ぐねの杜と
花咲いたまゝいちめん倒れ
黒雲に映える雨の稲
そっちはさっきするどく斜視し
あるひは嘲けりことばを避けた
陰気な幾十の部落なのに
何がこんなにおろかしく
私の胸を鳴らすのだらう
今朝このみちをひとすじいだいたのぞみも消え
いまはわづかに白くひらける東のそらも
たゞそれだけのことであるのに
なほもはげしく
いかにも立派な根拠か何かありさうに
胸の鳴るのはどうしてだらう
野原のはてで荷馬車は小く
ひとはほそぼそ尖ってけむる

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

七一五

一九二六、六、二〇、

粗朶でさゝえた稲の穂を
何かなし立ちよってさわり
け白い風にふり向けば
あちこち暗い家ぐねの杜と
黒雲に映える雨の稲
そっちはさっきするどく斜視し
あるひは嘲けりことばを避けた
陰気な散点部落なのに
なほもおろかに胸の鳴るのはどういふわけだ
このうへそこに何の期待があるだらう
それが一つの形になって
もう一度立て直すことになるよりは
倒れて痛んだ稲の穂を
とり戻すのを望むのだらう
むしろそれこそ
今朝なほ稲の耐えてゐた間
いだいたのぞみのかすかな暈翕と
わづかに白くひらける東のそらが
互に溶けてはたらくためだ
野原のはてで荷馬車は小く
ひとはほそぼそ尖ってけむる