目次へ  縦書き

七〇六

村娘

一九二六、五、二、

畑を過ぎる鳥の影
青々ひかる山の稜

雪菜の薹を手にくだき
ひばりと川を聴きながら
うつつにひととものがたる

(本文=下書稿2推敲後)



(下書稿2推敲前)

七〇六

村娘

一九二六、五、二、

畑を過ぎる鳥の影
青々ひかる山の稜
雪菜の薹を手にくだき
ひばりと川を聴きながら
うつつにひととものがたる



(下書稿1)

七〇六

(数文字不明)

一九二六、五、二、

(一行不明)
畑を過ぎる鳥の影
青(七字不明)
(一行不明)
雪(一字不明)の(一字不明)を手にくだき
耳には鳥と川を聴き
(一行アキ)
うつつにひとと物(一、二字不明)る