目次へ  縦書き

一〇七六

囈語

一九二七、六、一三、

憤懣はいまやまひにかはり
わたくしはたよりなく騰って
河谷のそらに横はる
しかも
水素よりも軽いので
ひかってはてなく青く
雨に生れることのできないのは
何といふいらだゝしさだ