目次へ  縦書き

一〇六六

〔今日こそわたくしは〕

一九二七、五、一二、

今日こそわたくしは
どんなにしてあの光る青い虻どもが
風のなかから迷って来て
縄やガラスのしきりのなかで
留守中飛んだりはねたりするか
すっかり見届けたつもりである