目次へ  縦書き

一〇五八

電車

一九二七、五、九、

銀のモナドのちらばるそらと
逞しい村長の肩
  ……ベルを鳴らしてカーヴを切る
    ベルといふより小さな銅鑼だ……
はんの木立は東邦風に
水路のへりにならんで立つ
 
はんの木立の向ふの方で
黒衣のこども燐酸を播く
  ……ガンガン鳴らして飛ばして行く……
田を鋤く馬と白いシャツ
胆礬いろの山の尾根
 
町へ出て行くおかみさんたち
さあっと曇る村長の顔
  ……うしろを過ぎるひばの木二本……
風が行ってしまった池のやうに
いま晴れわたる村長の顔
  ……ベルを鳴らして一さん奔る……
   栗の林の向ふの方で
   ざぶざぶ水をわたる音
   それから何か光など
   崩れるやうなわらひ声