目次へ  縦書き

一〇三九

〔うすく濁った浅葱の水が〕

一九二七、四、一八、

うすく濁った浅葱の水が
けむりのなかをながれてゐる
早池峰は四月にはいってから
二度雪が消えて二度雪が降り
いまあはあはと土耳古玉タキスのそらにうかんでゐる
そのいたゞきに
二すじ翔ける
うるんだ雲のかたまりに
基督教徒だといふあの女の
サラーに属するひとたちの
なにかふしぎなかんがへが
ぼんやりとしてうつってゐる
それは信仰と奸詐との
ふしぎな複合体とも見え
まことにそれは
山の啓示とも見え
畢竟かくれてゐたこっちの感じを
その雲をたよりに読むのである