目次へ  縦書き

一〇三六

燕麦播き

一九二七、四、一一、

白いオートの種子を播き
間に汗もこぼれれば
畑の砂は暗くて熱く
藪は陰気にくもってゐる
下流はしづかな鉛の水と
尾を曳く雲にもつれるけむり
つかれは巨きな孔雀に酸えて
松の林や地平線
たゞ青々と横はる