目次へ  縦書き

一〇二八

酒買船

一九二七、四、五、

四斗の樽を五つもつけて
南京袋で帆をはって
ねむさや風に逆って
山の鉛が溶けて来る、
重いいっぱいの流れを遡り
北の方の
泣きだしたいやうに雲の下へ
船はのろのろのぼって行く
 
みなで三人乗ってゐる
一人はともに膝をかゝえて座ってゐるし
二人はじろじろこっちを見ながら立ってゐる
じつにうまくないそのつら
じぶんだけせいぜいほうたうをして
それでも不満でしかたないといふ顔付きだ