目次へ  縦書き

一〇一五

〔バケツがのぼって〕

一九二七、三、二三、

バケツがのぼって
鉛いろしたゴーシュ四辺形の影のなかから
いまうららかな波をたゝへて
ひざしのなかにでてくると
そこに ―ひとひら―
   ―なまめかしい貝―
  ―ヘリクリサムの花冠……
一ぴきの蛾が落ちてゐる
滑らかに強い水の表面張力から
四枚の翅を離さうとして
蛾はいっしんにもだえてゐる
  ―またたくさんの小さな気泡……
わたくしはこの早い春への突進者
鱗翅の群の急尖鋒を
温んでひかる気海のなかへ
再び発足させねばならぬ
早くもちいさな水けむり
鱗粉気泡イリデスセンス
春の蛾は
ひとりで水を叩きつけて
     飛び立つ
    飛び立つ
   飛び立つ
もういま杉の茶いろな房と
不定形な雲の間を航行する