目次へ  縦書き

一〇〇一

〔プラットフォームは眩くさむく〕

一九二七、二、一二、

 

プラットフォームは眩くさむく
緑に塗られたシグナルや
きららかに飛ぶ氷華のなかを
あゝ狷介に学士は老いて
いまは大都の名だたる国手
昔の友を送るのです
……そのきらゝかな氷華のはてで
小さな布の行嚢や
魚の包みがおろされますと
笛はおぼろにけむりはながれ
学士の影もうしろに消えて
しづかに鎖すその窓は
鉛のいろの氷晶です
  かがやいて立つ氷の樹
  蒼々けぶる山と雲
  一つら過ぎゆく町のはづれに
  日照はいましづかな冬で
  車室はあえかなガラスのにほひ
  髪をみだし黒いネクタイをつけて
  朝の光にねむる写真師
  東の窓はちいさな塵の懸垂と
  そのうつくしいティンダル効果
  客はつましく座席をかへて
  双手に二月のパネルをひらく
しづかに東の窓にうつり
いちゐの囲み池をそなへた小さな医院
その陶標の門をば斜め
客は至誠を面にうかべ
体を屈して殊遇を謝せば
桑にも梨にもいっぱいの氷華

(本文=下書稿5推敲後)



(下書稿5推敲前)

一〇〇一

一九二七、二、一二、

 





   プラットフォームは眩くさむく
   緑に塗られたシグナルや
   きららかに飛ぶ氷華のなかで
   あゝ偏狭に学士は老いて
   さびしく人を見送って立つ




   わづかばかりの朝刊や
   郵便物がとりおろされて
   つめたくおぼろな笛がなり
   学士の影はうしろに消えて
   しづかに鎖すその窓は
   鉛のいろの氷羊歯



   東の窓はちいさな塵の懸垂と
   そのうつくしいティンダル効果



   日照はいましづかな冬で
   でんしんばしらや建物や鳩



   かがやいて立つ氷の樹
   蒼々けぶる山と雲
   髪をみだし黒いネクタイをつけて
   朝の光にねむる写真師



   桑にも梨にもいっぱいの氷華
   光と雲に交叉する電線



(下書稿4)

一〇〇一

汽車

一九二七、二、一二、

 

さあどうぞ、
どうぞおさきへ
プラットフォームは眩くさむく
緑に塗られたシグナルや
きららかに飛ぶ氷華のなかに
わづかばかりの朝刊や
郵便物がとりおろされる
    かういふ八百長礼賛も
    もう二月でおしまひだ
    しかしなんとこの生活のなつかしさよ
車のなかはちいさな塵の懸垂と
そのうつくしいティンダル効果
  あゝ空いてゐる
  えゝどっちでも
  はははばくが趨光的ですか
  するとあなたは背光性
  さあどうだかな
日照はいましづかな冬で
でんしんばしらや建物や鳩
  どのひとですか
  あゝ窓に見送りの
  え あの人はお医者です
  道又医院、あるでせう、あの坂の上、
  古い東京医学校
  今の大学前身とかの出ださうで
あゝ偏狭に学士は老いて
さびしく人を見送って立ち
その影消えて鎖した窓は
夜の残りの氷羊歯、
  えゝ持ってます
かがやいて立つ氷の樹
蒼々けぶる山と雲
髪をみだし黒いネクタイをつけて
朝の光にねむる写真師
  いやさうですよ
  一年中に十ぺんくらゐ
  汽車に用事のあるとかいった生活は、
  なかなか見切りがつかんですなあ
酒など醸す雪屋根に
あちこち高い梨の木も
今日は多量の氷華をつける
  帰りは五時のつもりです
  ははあ
  それではまたごいっしょに



(下書稿3)

一〇〇一

汽車

一九二七、二、一二、

 

プラットフォームは眩くさむく
緑に塗られたシグナルや
きららかに飛ぶ氷華のなかに
わづかばかりの朝刊や
郵便物がとりおろされる
笛がなり笛がなり
あゝ偏狭に学士は老いて
さびしく人を見送って立ち
その影消えて鎖した窓は
夜の残りの氷羊歯から飾られる
車のなかはちいさな塵の懸垂と
そのうつくしいティンダル効果
  日照はいましづかな冬で

    かがやいて立つ氷の樹
    蒼々けぶる山と雲
    髪をみだし黒いネクタイをつけて
    朝の光にねむる写真師

……これが小さくてよき梨を産するあの町であるか……
……はい閣下 今日は多量の氷華を産出して居りまする……
……それらの樹群はかのよき梨の母体であるか……
……はい閣下 あれは夏にはニッケル鋼のかゞみを吊す
  はんの木立でございます……
……酒屋がたくさんあるやうぢゃねえ……
……はい閣下 凛烈芳を競ふ酒旗の風であります……
……ははあ……

アカシヤの木の乱立と
光と雲に交叉する電線



(下書稿2)

一〇〇一

汽車

一九二七、二、一二、

 

プラットフォームは眩くさむく
緑に塗られたシグナルや
きららかに飛ぶ氷華のなかに
ひとは偏狭に老いやうし
近づく汽車のその窓は
    氷羊歯アイスフォーンで飾られもしやう

車のなかはちいさな塵の懸垂と
そのうつくしいティンダル効果
  日照はいましづかな冬で
でんしんばしらや建物や鳩

    かがやいて立つ氷の樹
    青々けぶる山と雲
    髪をみだし
    黒いネクタイをつけて
    朝の光にねむる写真師

……これが小さくてよき梨を産するあの町であるか……
……はい閣下 今日は多量の氷華を産出して居りまする……
……それらの樹群はかのよき梨の母体であるか……
……はい閣下 あれは夏にはニッケル鋼のかゞみを吊す
  はんの木立でございます……
……この町の成績はどうぢゃ……
……はい閣下 きはめて堅実でありましたが
  挽馬のなかにしっぽのないものがございました……
アカシヤの木の乱立と
光と雲に交叉する電線



(下書稿1)

一〇〇一

汽車

一九二七、二、一二、

 

      プラットフォームは眩くさむく
      緑いろした電燈の笠
      きららかに飛ぶ氷華のなかに
      ひとは偏狭に老いやうし
      汽車近づけば
      その窓はIce-fernで飾りもしやう

車のなかはちいさな塵の懸垂と
そのうつくしいティンダル効果
  日照はいましづかな冬で
でんしんばしらや建物や鳩

    かがやいて立つ氷の樹
    青々けぶる山と雲
    髪をみだし
    黒いネクタイをつけて
    朝の光にねむる写真師

……これが小さくてよき梨を産するあの町であるか……
……はい閣下 今日は多量の氷華を産出して居りまする……
……それらの樹群はかのよき梨の母体であるか……
……はい閣下 あれは夏にはニッケル鋼の鏡を吊す
  はんの木立でございます……
……この町の訓練の成績はどうぢゃ……
……はい閣下 寒冷ながら
  水は風より より濃いものと存じます……

    けむりは凍えていくつにもちぎれて
    杉の林に落ち込むし
    アカシヤの木の乱立と
    女のそのうつくしいプロファイル
  もう幾百 目もあやに
  光と雲に交叉する電線と(以下空白)