目次へ  縦書き

一〇〇一

〔プラットフォームは眩くさむく〕

一九二七、二、一二、

 

プラットフォームは眩くさむく
緑に塗られたシグナルや
きららかに飛ぶ氷華のなかを
あゝ狷介に学士は老いて
いまは大都の名だたる国手
昔の友を送るのです
……そのきらゝかな氷華のはてで
小さな布の行嚢や
魚の包みがおろされますと
笛はおぼろにけむりはながれ
学士の影もうしろに消えて
しづかに鎖すその窓は
鉛のいろの氷晶です
  かがやいて立つ氷の樹
  蒼々けぶる山と雲
  一つら過ぎゆく町のはづれに
  日照はいましづかな冬で
  車室はあえかなガラスのにほひ
  髪をみだし黒いネクタイをつけて
  朝の光にねむる写真師
  東の窓はちいさな塵の懸垂と
  そのうつくしいティンダル効果
  客はつましく座席をかへて
  双手に二月のパネルをひらく
しづかに東の窓にうつり
いちゐの囲み池をそなへた小さな医院
その陶標の門をば斜め
客は至誠を面にうかべ
体を屈して殊遇を謝せば
桑にも梨にもいっぱいの氷華