目次へ  縦書き

一〇五六

     〔秘事念仏の大元締が〕

一九二七、五、七、

秘事念仏の大元締が
今日は息子と妻を使って、
北上ぎしへ陸稲おかぼ播き、
   なまぬるい南の風は
   川を溯ってやってくる
秘事念仏のかみさんは
乾いた牛のコヤシを捧げ
もう導師とも恩人とも
自分の夫をおがむばかり
   緑青いろの巨きな蠅が
   牛の糞をとびめぐる
秘事念仏の大元締は
麦稈帽子をあみだにかぶり
黒いずぼんにわらじをはいて
よちよちあるく烏を追ふ
   紺紙の雲には日が熟し
   川は鉛と銀とをながす
秘事念仏の大元締は
むすこがぼんやり楊をながめ
口をあくのを情けながって
どなって石をなげつける
   楊の花は黄いろに崩れ
   川ははげしい針になる
下流のやぶからぼろっと出る
紅毛まがひの郵便屋

【一〇五六 〔秘事念仏の大元締が〕 下書稿(二)】