目次へ  縦書き

一〇三二

     森

一九二七、四、七、

ヨークシャ豚の大ものが
二番ゆすめに追ひつめられて
けふははげしい金に変り
独楽こまよりひどく傾きながら
西日をさして遁げてゐる
真っ黒な森のへりに沿って
まだまっしぐらにかけてゐる
棒もかざして髪もひかる
日本州の里長のむすめ
うら枯れかかった栗の向ふで、
ぐらぐらゆれてゐる銅の夕日
里長が青い麻を着て
森のこっちにあらはれて
なにかむしゃむしゃ食ひながら
小手をかざしてそらを見る

【一〇三二 〔あの大もののヨークシャ豚が〕 下書稿(二)】