目次へ  縦書き

一〇二五

     〔燕麦オートの種子をこぼせば〕

一九二七、四、四、

燕麦オートの種子をこぼせば
砂が深くくらく、
黒雲は温く妊んで
一きれ、一きれ、
野ばらの藪を渉って行く

ぼろぼろの南京袋で帆をはって
船が一さうのぼってくる
からの酒樽をいくつかつけ
いっぱいの黒い流れを、
むらきな南の風に吹かれて
のろのろとのぼって行けば
金貨を護送する兵隊のやうに
人が三人乗ってゐる
一人はともに膝をかゝえ
二人は憎悪のまなこして
岸のはたけや藪を見ながら
身構えをして立ってゐる
  ……あれらの憎悪のひとみから
     あらたな文化がうまれるのか……

  どんより澱むひかりのなかで
上着の肩がもそもそやぶけ
どんどん翔ける雲の上で
ひばりがくるほしくないてゐる

【一〇二五 〔燕麦の種子をこぼせば〕 下書稿(四)】