目次へ  縦書き

一〇一四

     春

一九二七、三、二三、

野原は残りのまだらな雪と
黝ぶり滑べる夜見来川

雲が淫らな尾を引いて
青々沈む波羅蜜山の
松のあたまをかすめて越せば
山の向ふは濁ってくらく
二すじしろい光の棒と
わづかになまめく笹のいろ

野原はまだらな磁製の雪と
湿んで滑べる夜見来川

【一〇一四 春 下書稿(二)】