目次へ  縦書き

一〇一二

     会合

一九二七、三、二一、

唐獅子いろの乗馬ずぼんはいて
どこの親方かと思ったよ。
春木を伐りに行くんだな
久慈だの、
藤原太藏だの
やっぱり二月に行ってゐるさうだ
  ……木にはいっぱい氷がついて
    野原はうらうら白い偏光……
いまどの辺で伐ってるのかな
八方山の北側か
ずゐぶん奥へはいったな
  ……雪に点々けぶるのは
    三ツ沢山の松のむら……
ぼくの方はまるでだめだ
からだを傷めてしまってさ
今日はソーシへ行くとこだ
例の肥料とイモチのことざ
  ……江釣子森が
    氷醋酸のこゞりのやうだ……

【一〇一二 〔甲助 今朝まだくらぁに〕 下書稿(二)】