目次へ  縦書き

七三九

     朝

一九二六、九、一三、

霧がひどくて手が凍えるな、
がつがつトマトを食ふのをやめろ

馬がびくっと
ももうしろへ引きつけるのは
木のゆれるのとおんなじさ

縄をなげてくれ縄を

雲がどんどん砕ける時分
赤いすゝきをいっぱい刈って
みんなでならんで帰って来やう

【七三九 〔霧がひどくて手が凍えるな〕 下書稿(一)】