目次へ  縦書き

七一八

     井戸

一九二六、七、八、

こゝから草削ホウをかついで行って
玉菜畑へ飛び込めば
何か仕事の推進力と風や陽ざしの混合物
熱く酸っぱい亜片のために
二時間半がたちまち過ぎる
そいつが醒めて
まはりが白い光の網で消されると
ぼくはこゝまで戻って来て
水をごくごく呑むのである

【七一八 井戸 下書稿(一)】