目次へ  縦書き

七一四

     疲労

一九二六、六、一八、

南の風も酸っぱいし
穂麦も青くひかって痛い
それだのに
崖の上には
わざわざ今日の晴天を、
西の山根から出て来たといふ
黒い巨きな立像が
眉間にルビーか何かをはめて
三っつも立って待ってゐる
あの雲にでも手をあてゝ
疲れを知らないあゝいふ風な三人と
せいいっぱいのせりふをやりとりするために
電気をとってやらうかな

【七一四 疲労 下書稿(一)】