目次へ  縦書き

七一一

     水汲み

一九二六、五、一五、

ぎっしり生えた萱の芽だ
赤く光って、
仲間同志に影をおとして
距離の知れない敷物のやうに、
いちめんひろがる萱の芽だ
   ……水を汲んで砂へかけて……
上をあるけば去年のかれはもがさがさ云ふ
つめたい風の海蛇が
もう幾脉も幾脉も
野ばらの藪をすり抜けて
川をななめに遡って行く
   ……水を汲んで砂へかけて……
向ふ岸には
蒼い衣のヨハネが下りて
すぎなの胞子たねをあつめてゐる
   ……水を汲んで砂へかけて……
岸までくればまたあたらしいサーペント
   ……水を汲んで砂へかけて……

【七一一 水汲み 下書稿(一)】