目次へ  縦書き

七〇六

     村娘

一九二六、五、二、

畑を過ぎる鳥の影
青々ひかる山の稜

雪菜の薹を手にくだき
ひばりと川を聴きながら
うつつにひととものがたる

【七〇六 村娘 下書稿(一)】