目次へ  縦書き

三七七

     九月

一九二五、九、七、

校圃はたけを抜けて
アカシヤの青い火のとこを通り
燕が鰯みたいに飛びちがふのにおどろいて
風に帽子をとられさうになり
東の山彙の縞に挨拶を抛げ
水のたまりをすぽんととべば
あとは
Fox tail grass の緑金のもやうと
何でももうぐらぐらゆれるすすきだい
   ……西の山では雨も降れば
     ぼうと濁った陽もそゝぐ……
それから
風がまた吹くと
白いシャツもダイナモになる
さて、地平線を行く電線や
汽車の cork screw かね
Fortuny 式の照明かね

【三七七 九月 下書稿(一)】