目次へ  縦書き

三七五

     下背に日の出をもつ山に関する童話風の構想

一九二五、八、一一、

つめたいゼラチンの霧もあるし
桃いろに燃える電気菓子もある
またはひまつの緑茶をつけたカステーラや
なめらかでやにっこい緑や橄欖オリーブの蛇紋岩
みやまつりがねにんじんの青い花には露がきらめき
ブリューベルの花きらめくきらめく
みやまうゐきやうの香料から
蜜やさまざまのエッセンス(には)
碧い眼のすがるもふるふ
そこには碧眼の蜂もふるふ
むかし風の金米糖でも
waveliteの牛酪バターでも
またこめつがは青いザラメでできてゐて
さきにはみんな
干した葡萄がついてゐる
こいつがみんなほんもので
きみたちに上げられるならどんなにいゝか
もっともぼくはさっきから
そのうちいまにあすこの岩の格子から
まるで恐ろしくぎらぎらに熔けて
光焔ハローをあげた青い宝珠がでてくるか
それともそいつが巨きな銀のラムプになって
まっ白な雲の野原をころがるか
さうだとすればあるひはいゝかも知れないな

【三七五 山の晨明に関する童話風の構想 下書稿(一)】