目次へ  縦書き

三七〇

     電軌工事

一九二五、八、一〇、

   ……朝のうちから稲田いちめん雨の脚……
カーヴのところは
X形の信号標や はしごのついた電柱や
風の廊下といふふうにできあがった
   ……青く平らな稲田のなかのはなしだよ……
親方は信号標のま下に立って
びしゃびしゃ雨をあびながら
ぢっと向ふを見つめてゐる
   ……雨だか雲だか向ふはくらいよと……
そのこっちでは工夫が二人、
つるはしをもちしょんぼりとして
、 稲びかりから漂白される
   ……どなたかお待ちの電燈あかりが一つよと……
やあ 汽罐車がやってくる
日露戦争のときのワリヤーク号みたいに
黒いけむりをもくもく吐いて
雨を二つに分けながら
そこらの盛られたゆるい砂利だの稲田だの
地響きさせて走ってくる

【三七〇 〔朝のうちから〕 下書稿(一)】