目次へ  縦書き

三四五

     陸中の五月

一九二五、五、三一、

くわりんの花もぼそぼそ暗く燃えたてば
鉛の水は稲田をわたり
Largo や青い雲かげやながれ
馬もゆききし
ひともうつつにうだいてゐる
  黒緑の列をなすもの
  並木の杉の黒緑の列
  あやしく曲り惑むもの
  あるひは青い蘿をまとふもの
風が苗代の緑の氈と
はんの木の葉にさゝやけば
馬は水けむりをひからかせ
こどもはマオリの呪神のやうに
小手をかざしてはねあがる
   ……あまずっぱい風の脚
     あまずっぱい風の呪言……
小鳥は楢の林のなかで
豆やガラスやあらゆる穀粒を撒き散らし
郵便の集配人は
所在なく小みちをかへる
畦はたびらこ きむぼうげ
また田植花くすんで赭いすいばの穂
   ……いま山脉の襞ごとに
     まっ白な霧があがって……
かくこうもしばらくうたひやみ
ひともつかれて泥を一種の飴ともかんがへ
水をぬるんだスープとおもひ
またたくさんの銅のラムプが
畔で燃えるとかんがへながら
またひとまはり代を掻く
   ……たてがみを白い夕陽にみだす馬
     うなじを垂れてしばし畦の草を食ふ馬……
檜葉かげろへば
赤楊の木鋼のかゞみを吊し
ひとはメフェストフェレス気取りで
黒い衣裳の手をひろげ
またひとしきり燐酸をまく
   ……さっとひらめく水けむり
     あっちもこっちもたてがみを残りの夕陽にみだす馬……
湿って桐の花が咲き
そらの玉髄しづかに焦げて盛りあがる

【三四五 〔Largoや青い雲翁やながれ〕 下書稿(一)】