目次へ  縦書き

三四〇

     瓔珞節

一九二五、五、二五、

崖の上ではにはとこが
月光いろに咲き出すし
くるみの木には
まばゆい青や緑金や
瓔珞がみなかけられる

   (悲しさがそのきゃらの樹の
    尖った塔を刈り上げたのだ)

そらでは春の爆鳴銀が
甘ったるいアルカリイオンを放散し
鷺やいろいろな鳥の紐が
ぎゅっぎゅっ乱れて通ってゆく

ぼんやりけぶる紫雲英の花簇と
茂らうとして
まづ赭く灼けた芽を出すかつらの樹

【三四〇 〔あちこちあをじろく接骨木が咲いて〕 下書稿(一)】