目次へ  縦書き

三三六

     春谷暁臥

一九二五、五、一一、

    雪の円錐
    その裾かけて撒き散らされた銅粉と
    あかるく亘る禁欲の天
    卓のかたちの安山岩と
    あをあを燃える山の岩塩しほ
酪酸のにほひが帽子いっぱいで
黒くて厚い穹窿を張り
水のやうに谷をわたる風の流れと
まっしろにゆれる朝の烈しい日光から
薄い睡酸を保護してゐる
  ……青いラムプのかげぼうし
    コバルトガラスのかけらや粉
    花さき繞る灌木の……
       (蕩児高橋亨一が
        しばし無雲の天に往き数の綏女とうち笑みて
        ふたたび地上に帰りしに
        この世のをみなみな怪しく
        そのかみ帯びしプラチナと
        ひるの夢とを組みたりし
        鎖もわれにはなにかせんとぞ嘆きける)
ゆふべ凍った斜子の月を
くらかけ山からこゝらへかけて
夜通しぶうぶう鳴らした鳥が
いまいっぴきもゐないのは
やっぱりどうも屈折率の関係らしい
    Gyagya 別のがいたぞ鳥は青い紐である
    Gyagya 鳥はあんまり生意気である
    Gyagya 味噌漬け 二十八ポイント五!
    Gyagya みたいな 二十七!
    Gyagya 鳥のつら 二十七!
はじめのがいちばん声がみじかいのに
二十八ポイント五とはどういふわけだ
帽子を投げて眼をひらけ
つめたい風がながれる

【三三六 春谷暁臥 下書稿(一)】