目次へ  縦書き

三二七

     清明どきの駅長

一九二五、四、二一、

こごりになった古いひばだの
盛りあがった松ばやしだの
いちどにさあっと青くかはる
かういふ清明どきはです
線路の砂利から紅い煉瓦のラムプ小屋から
いぢけてひくい防雪林の杉並あたり
ぎらぎらひかるかげらふが
雪でたまった沼気や酸を
せはしくせはしく掃くのです
  ……手袋はやぶけ
    肺臓はロヂウムから代填される……
また紺青の地平線から
六列展く春のグランド電柱に
青くわななく金属線が渡されて
碍子もみんなごろごろ鳴れば
馬はそいつを蜂かと思ひ
汽車は触媒の白金を噴いて
線路に沿った黄いろな草地のリボンを燃やし
ことしの禾草に加里と燐とをやりながら
なかを走ってくるのです

【三二七 清明どきの駅長 下書稿(一)】