目次へ  縦書き

三二六

     風と木

一九二五、四、二〇、

風が吹き 風が吹き
残りの雪にも風が吹き
猫の眼をした神学士にも風が吹き
風が吹き 風が吹き
吹き吹き西の風が吹き
はんの木の房踊る踊る
偏光! 斜方錐! トランペット!
はんの木の花ゆれるゆれる
風が吹き 風が吹き
青鉛筆にも風が吹き
かへりみられず棄てられた
詩の憤懣にも風が吹き
はんの木の花おどるおどる
     (塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み
      塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み)
風が吹き風が吹き
吹き吹き西の風が吹き
はんの毬果はゆれるゆれる
レンズ、ヂーワン、グレープショット!
はんの雄花はこんどはしばらく振子になる

【三二六〔風が吹き風が吹き〕下書稿(一)】