目次へ  縦書き

五二〇

     巨杉

一九二五、四、一八、

そいつは四っつ
いつもの巨きな地蔵堂の杉だけれども
けふはいったい何にかはったつもりだらう
青くひかった天椀に白金黒だの緑青だの
もくもくもくもく力いっぱい盛りあがる
  地獄のまっ黒けの花椰菜め!
  雲を引っ掻く鉄の箒め!
  樹に変へられた唐古獅子のばけものめ!
 木のうしろには桜もしだれのやなぎもまはり
 蕾蓮華のかたちの窓や
 古びて小さな天台寺桜場寛の育ったうちだ
 かしこくむら気な寛がこゝらであそんでゐて
 この木を木だと思ったことがあっただらうか
下には冴えたきゃらの木と
赤い鳥居が炭酸水に色あせて
そのうしろでは
鳥もすだけば
こどものボールもひかってとぶ

【五二〇〔地蔵堂の五本の巨杉が〕下書稿】