目次へ  縦書き

五一一

     霰の前

一九二五、四、二、

県道みちのよごれたみ雪が
西につづいて氷河になり
悼んで暗い丘丘を
春のキメラがこっそり翔ける
月がいまは鉛にかはってゐる
北でひとつの松山が
よどんで重い夜中の雲に
なかばををどんより消されてゐると
黒い地平のはるかなはてで
ガラスの鳥も軋ってゐる
  ……眼に象って
    泪をたゝえた眼に象って……
丘いちめんに
風がごうごう鳴ってゐる
そしてこゝはしづかな風の底なので
笹がすこうしさわぐきり
かれ草はみな
ニッケルのアマルガムで
眠さも沼になってゐる
   (わたくしの拵えたた蝗を見てください)
   (なるほど
    Rocky moutain locust といふふうですね
    白堊チョークでへりを隈どった、
    黒の模様がおもしろい
    それは一疋だけ見本ですね)
月はいま
巨きな白い喪服をつける

【五一一「〔はつれて軋る手袋と〕」下書稿(一)】